読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たーばのブログ

田舎暮らし、子供の進路、放射能汚染のことを書いています。

山椒の実を炊いてみた

毎年山椒の実を炊いているが、なかなかだ。

レシピはたくさん出てるけど、ほんまかな?と思う。

クックパットは好きでないからみないけど、これに関しては見てみたが、どうかなぁ?というものが多い。

というのは、いつも硬くなってしまう。

いろんなレシピでやってみたけど、佃煮にしようとすれば、シャゴシャゴになってしまう。

いろいろと探してみると、そうならないためのアドバイスをいろいろ見つけた。

やはり、硬くなるからならないための知恵がしぼられていた。

で、今回やってみたのは、水で30分間煮立ててザルにあけ、冷凍した。

これでどうだろうか。

 

ちなみに、今回の山椒の実はけっして収穫時期を逃したものではなく、種子が白くて旬のものだ。それでまず半分炊いてみたがやはり硬くなった。

このまま冷凍してみた。

ということから、山椒の実に関しては、レシピ通りにやってみてまともに出来たことがないのである。

山椒の実の季節になりました~

階段の窓から山椒の木がみえるので、花が咲いたまではチェックしていたんです。

少~し粒が膨らんでるのは見ていたんです。

 

そして、先ほど見てみると、もう取りごろになっている!

やばっ、取りごろを逃すと、炊いてもシャゴシャゴになってしまう!

あわてて収穫したんですが、多すぎるので半分は、お隣の子供さんに渡す。

 

これ、拷問かもしれない😵

 

茎をはずすのに三時間かかる。

なんとか大きな茎は外せたが、実に残ってる茎はよしとしよう。

今まではきれいにどけていたけど、やってられない。

取り立てだし茎はやわらかい、このまま炊いてみよう。

奄美大島のカレーのはずが

店頭で買うときは、表示をしっかり見るので、西で作られてるものを買ってるんたが、ネットで買うとなるとこんなものか・・・。

 

先日、楽天であと少し買わないと送料がかかるから、奄美大島のカレーのもとを注文した。

奄美大島のカレーの元とまで書いてあるからてっきり奄美大島か九州あたりで作っているものと思ったが、違ってた。

奄美大島のうこんを使っただけのこと。関東の工場で作ったものだった。

なぜ、汚染地域で作られたものを避けるのかといえば、大抵は工場の近くの食材を使うことが多いのと、水や空気に汚染があるから。

それに、福島の汚染地域がどんどん高汚染のまま、避難解除になりそこで野菜が作られてる。

基準値は100ベクレルととんでもなく高いまま、食品が出回りそこで作られてる。

 

なるべく西で作られてるものを選べば、より安全だ。

たまに、わざわざ汚染地域応援と言って福島のトマトや桃を使ってたりするから気を付けないといけないが。

前はやってたけど、会社に問い合わせれば産地まで詳しく教えて頂けるが、毎回やっていたら大変だ。

特に注意するのは、トマトと桃とさつま芋。さつま芋のお菓子などは産地が書いてなければ茨城産だ。

 

親の家の押し入れから~

昔の家なので各部屋には大きな押し入れがあり、5つ部屋には畳1枚の広さの押し入れがある。関西間なので、普通よりも大きいのに、その上には天袋まである。

押し入れは使い勝手が悪い。奥行きがありすぎて、荷物が入れにくい。

大体で言えば、奥行きが90センチで幅が180センチ。

マンションは狭い京間と聞くが、関西間は広いから倉庫のようになる。

ということから、この広い押し入れには何もかもつめてある。

母はまったく片付けない人だったので、何もかもぶちこんであり、布団やタオルやシーツや服、紙、帽子、下着、ビニール袋、靴下、カバン、電池、がボンボンぶち込まれていた。

これはこれで、すべてゴミ。ゴミ袋にどんどん入れれた。

床の間の押し入れは、引き出物の箱や、お重、調理器、買い換えた扇風機や炊飯器やストーブ、乾物、から箱があり、ある意味箱をあけるのが楽しみでもあった。

木箱の茶器がいくつも出てきた。

兄弟が多かったから、送る側も違うものにすればいいのに、茶器ばかり送りあいっ子していたようだ。

 

そして、ある箱は何と、立杭焼きの干支のコップが50個ほど箱ピッチリ入って出てきた。次の箱からは立杭焼きの干支の皿が20枚ほどと、飾り物が10ほど。

そうだ、父はお正月にスーパーが配る記念のコップや皿をもらうのが趣味だったんだ。

これが毎年毎年たまりにたまり、干支はすべて揃い、一つの干支が4つもある。

いったい何年間集めたんだろう。

それにしても、スーパーは毎年かわりなく立杭焼きのコップや皿をくばってたんだ。

 

大学の懇談へ~!

あ~あ、めっちゃ疲れた~!

何でこんなに疲れたんやろ?

立ちあがれへんくらいに疲れた~。

そうそう、懇談は10時からやけど、荷物をおろすために、はやめに息子のマンションへ寄り、ドアを開けたら、お~、すさまじい!

 

2リットルペットボトルと段ボールとゴミの散乱!

そこから2時間、必死で片付け。

私はペットボトルとゴミとコンビニ袋をまとめ、トイレと洗面所の掃除、掃除機、床ふき、洗濯~。

主人も洗い物、段ボールたたみ、ゴミ捨て~。

2時間もやってたのに、気付かないくらいに必死になってた。

そして、バタバタと懇談へ。

 

先生のお話はすさまじい!

一人一人の成績をグラフや数字や教科ごとや出席日数や1年からの成績のグラフやら、細かく分析され、それに沿って次の年度では変更してある。留年の回数、何の教科で留年、何回留年、遡っての成績をグラフにし、次の年度ではすぐに改善をされている。

すさまじい大学だなぁ。

 

ただ、楽しみの昼食はまぐろではなく、サンドイッチ。残念~楽しみにしてたのに・・・。

昨年は頭とアラの丸焼きが格別においしかったのに・・・。

 

そして、個人懇談へ。

成績は大幅アップ!

以前は120人中、90番くらいで留年のおびえが付きまとってた。2年では70番くらいになったが、まだまだ留年の危機は残っていた。25人もおとされた学年があると聞いてたから。

そして、3年では本人は20番位だと言っていたのに、送られてきた成績は50番台。

本人はおっかしーなー!と言っていたが、今日の懇談で、総合試験が20番台だとわかった!

お~、上位に食い込んでる~。

留年の危機におびえていたのに、どうなったんや?

先生の方も、何があったんですか?と驚かれていた。

 

 

家の中身の処分は~

実家の家の片付けで、やっと不燃ゴミを出した。

食器だけでも段ボール7つ。上木鉢が50個ほど。鍋や金属類や小型家電も車に積み、ゴミ置き場まで4往復する。

鉄のものがたくさんある。

棒やら板やら何に使うつもりだったのか。

しかし、鉄のものは業者?のような人がすべて自分の車に積み込んでた。

あっ、これ売りに行けばよかったんだ。

昔、引っ越しで出た鉄類を、車に積んでリサイクルに持っていったら4000円ほどになった。

今回はもっと多いから1万以上にはなっただろうなぁ・・・

しかし、捨てることに精一杯でそこまでやる余裕がない。

燃えるもの燃えないもの、食器、ガラス、ビン、リサイクル品に分別し、 ものすごいある荷物を減らさなければいけない。

ゴミ袋だけですでに80個は捨てたし、服もお金にはならないけど洗ってアイロンあててリサイクルに持っていった。

さらの卓上コンロがあったか、家にもあるので持っていった。

家に新しいのを置き、古いのを捨てればよかったのだけど、たとえ100円にしかならなくても、買って使ってもらえるから持っていったのだ。

 

ヤフーのホーム画面 ヤフーニュースは産経

昔っからパソコン立ち上げはヤフー画面にしていた。

なれてるし使いやすい。

息子らは昔っからグーグル画面がよいと言っていた。世界ではグーグル画面が一番に使われてるらしい。

 

いつの頃からか、ヤフーニュースは産経にとぶ。これ、やはり嫌になった。

 

産経と読売は政府新聞。右翼系の新聞だ。

 

グーグルホーム画面にかえた。